ミックスフットサルを始めるひと、楽しみたいひとのためのブログです

トーキックを制する者はフットサルを制す!?

2018/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

トーキックとは?

トーキックとは、toe(つま先)を使って、ボールを飛ばすキックです。

インステップやインサイドキックなどの他のキックと比べて、キックのモーションが少なく、マスターすれば男性よりパワーの劣る女性でも弓矢のように速く強いボールを蹴ることが可能です。

なぜ、トーキックなのか?

チームメイトのゴレイロが言っていました。

急にボールが飛んでくる感覚だから、他のキックに比べてマジで反応しづらい・・・!

このトーキック、サッカーでも使われますが(僕も小さい頃、ドライブシュートの練習するために良く使ってました)、コートが狭くDFとの距離感やシュートレンジがコンパクトなフットサルでは、サッカー以上に効果的なキックになり得ます。

今やフットサル界のリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドに値し、過去日本でもプレーしていたリカルジーニョもシュートする際は結構な頻度でトーキックを使っています。(日本のフットサル界では、トーキックを武器に出来ている選手ってそんなにいない気がします・・・)


https://www.youtube.com/watch?v=zgM8_2v4ZXg

 

トーキックの蹴り方について

トーキックがフットサルにおいて非常に有効なキックであることは、ある程度分かってもらったと思いますが、実際に思い通りに蹴るためには少し練習が必要です。

ポイントは「つま先を固定する」「ボールの中心を正確にインパクトする」の2点です。

つま先を固定する

固定することは、正確で強いボールを飛ばす上で、全てのキックにおいて言えることですが、トーキックの場合は蹴り足の親指を上に上げた状態で固定します。

この意識なく、ボールを蹴ると指の関節に大きな力が伝わりつま先を痛めてしまいます。トーキックでシュートする際は、グーを作るのと逆のイメージでボールをつつくと覚えておいてください。

ボールの中心を正確にインパクトする

インサイドやインステップキックと比べてボールと接する面が小さいトーキックは、正確にボールの中心をインパクトしないと真っすぐボールが飛んでいきません。

ビリヤードをやったことある人であればわかると思いますが、キューでボールをつつく際に当てどころが少しでもズレるとボールは真っすぐ飛ばないどころか前に突いたパワーも十分に伝わらず、力のない弾道になります。

もし、手の平でボールを打った場合、ボールの当てどころが多少ズレてもそれなりの弾道で転がすことは出来るはずです。

練習する際のコツ

つま先の固定は、ボールを蹴る瞬間に自然と力を入れるようになることで出来ているのが理想的です。まずは家で素振りしながら練習することをオススメします。ボールを蹴る瞬間をイメージしながらグーを作るのと逆のイメージで力を入れる動作を繰り返しやってみてください。

また、ボールの中心を正確にインパクト出来るようになるには、初めはボールの中心(気持ち中心より上でも良い)をよく見て当てる練習を重ねる必要があるでしょう。

ボールが意図しない方向に飛んでいく場合は、つま先を当てるポイントがズレているか、つま先の当たる角度に問題がある可能性があります。可能なら動画を取って確認してみてください。

止まったボールを蹴る練習から始めて、自分なりに良い弾道のボールが蹴れる感覚が掴めてきたらシメたものです。次のステップとして、トラップしてから蹴る、ドリブルしながら蹴る練習を取り入れていくことで、より実践で使えるトーキックに成熟させていくことが出来るでしょう。

(余談)トーキックのコスパの良さ

ちなみにこの記事を書いている現在、Googleで「トーキックの蹴り方」と入れて検索すると「ローキックの蹴り方」が返ってきます(笑)
以下の動画を見てもらうとわかりますが、足だけでなく腕など上半身をバネのように使って蹴ることで、大きなパワーを生んでいます。

サッカーでシュートする際によく使われるインステップキックも同様に身体をバネのように使って、反動するパワーをボールに効率良く伝えることで威力のあるボールを蹴ることができます。

トーキックでは、このバネのように身体を使う動作を半ばカットしながらも威力のあるボールを蹴ることが出来るんです。

以上、トーキックの有効性や蹴り方のポイントについて説明しました。

みなさんもトーキックをマスターして、リカルジーニョのように一瞬のスキを突いてゴールを奪えるプレイヤーになってください!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です