ミックスフットサルを始めるひと、楽しみたいひとのためのブログです

怪我をして感じたこと

2019/07/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

1か月前、チームの練習試合で怪我をしました。
後日、かかりつけの整形外科でMRI検査を受けたところ左膝の半月板損傷でした。

プロのサッカー選手にもよく見られる怪我の1つで、重症の場合は復帰までに1年以上を要することもあります。

今回のこの怪我を受けて、いくつか感じたことがあるので、これからの記事で書いていこうと思います。

  • 受傷後の話
  • 怪我をした後の応急処置
  • 通院、怪我の診断
  • 復帰に向けたリハビリ

本記事では、主に受傷後のお話をしたいと思います。

受傷した時は接触プレーなどはなく、味方とのワンツーでサイドでボールを受けた際に急に左膝がポキッと・・・
そのまま倒れ込んで動けなくなりました(5分経ったらとりあえず歩けるようにはなりましたが)。 足首捻って2,3週間安静とかはよくあったのですが、今回はやった時点で今までにない感覚で、これはヤバいやつかもと思いました。

そのまま救急にかかり診てもらったところ、レントゲンで骨に異常なし、受傷後2,3時間で痛みが引いたのか触診でも目立った痛みは感じられず、、お医者さんには靭帯や半月板やってる可能性はあるから週明け痛みや違和感続くようならMRIで診てもらった方が良いと言われました。

この時は、意外と早期復帰いけるかもと期待しましたが、受傷直後の感覚の方が正しかったようです。
翌朝起きると昨晩引いた痛みはぶり返し、左足に体重をかけて立ち上がるのは怖くてできませんでした。当日はアイシングや試合によるアドレナリンの影響で一時的に痛みの感覚がマヒしていたのかもしれません。

最近、頼もしい新メンバーも加入し、チーム内の競争も激化してゆく中で離脱するのは正直痛かったです。

ただ、そんなネガティブな気持ちをかき消すかのように、当日すぐに診てもらった方がいいと救急で診てもらえそうな病院を教えてくれたフィールドプレイヤー、心配して荷物を持ってくれたマネージャー、終電のない時間まで通院に付き添い自宅まで送り届けてくれたゴレイロ、コートの外を出てもチームの仲間がいて自分がこのチームでプレーできていることを改めて実感しました。

「ドラゴンクエスト」のように、頼れる仲間がいる!

下を向いていても何も進まないので、今できることに集中して復帰を目指そうとこの時思ったのでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です