ミックスフットサルを始めるひと、楽しみたいひとのためのブログです

セットプレー~ミックスフットサルにおけるPKのポイント①

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

PKゲット!誰が蹴る?

ペナルティーエリア内でファールを受けるとPK(ペナルティーキック)のチャンスです。ゴールから近い位置壁もなくフリーでシュートが打てるため、とても得点の可能性の高い場面です。

しかし、ここで起こる問題があります。一発勝負のPK、誰が蹴るのか?

できれば女性に蹴らせたい

ゴールからかなり近い位置で、相手ゴレイロ(キーパー)と1対1でシュートが打てるPKは、得点の絶好のチャンスです。直接ゴールが奪えるPKでは、できれば女性に蹴ってゴールを決めてもらいたいものです。
女性にPKを蹴ってもらたい理由を以下に述べます。

女性ゴールによる複数得点が生まれる大チャンス

ミックスフットサルおける特徴である「女性ゴールは2点、3点」を実現できるおそらく一番可能性の高いチャンスです(※)。別記事で女性ゴールを奪う工夫について述べましたが、カウンターなどからのファー詰めゴールの場合は、味方との連携や相手ディフェンスとの関係、また走りながらシュートポジションに入るという複合的な要素をすべてクリアすることでゴールに繋がります。

PKの場合は、止まっているボールゴールに向かって蹴るだけであり、自分がシュートを打つということに専念できます。これは、フットサルにまだ慣れていない女性ほど大きなメリットとなります。
※大会や主催者側のルールによっては、PKの女性ゴールは1点の場合もあるため注意してください

チームが盛り上がる

他の記事でも書きましたが、ミックスフットサルにおいて、女性ゴールが決まるということは、最も盛り上がるシーンの1つです。場合によっては自分達のチーム内だけでなく、試合を観ている周りの人達をも盛り上げてくれます。
エンジョイでも競技であってもフットサルを楽しむ上で、この盛り上がるという要素は欠かせません。

とは言え、そんなに簡単に蹴ってもらない・・・どうする?

得点の可能性の高いPKですが、それ故、プレッシャーもあります。自分が蹴って外すことを恐れるあまり、男女関係なく自ら蹴りたがる人は少ないのも事実です。性格にも左右されますが、まだPKを蹴ったことがなかったり、ボールを扱うことに自信のない人であれば、その傾向は強いでしょう。

蹴りたがらないメンバーに対して無理強いは禁物ですが、女性に蹴ってもらいたい際に大事なことは、「外しても大丈夫!」という空気をみんなで作ってあげることです。「男性が蹴って1点取るより、2点、3点取れたラッキーだから!」といった感じでお願いしてみるのもアリでしょう。

そして、もし女性がPKを決めたら、思いっきり称えてあげてください。
もし、外したとしてもプレッシャーのかかるPKを蹴るチャレンジをしたことを褒めてあげてください。
失敗は次に成功するための道を示してくれます。いつかPKを決めたいという思いを醸成できれば、きっとまた蹴ってくれることでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です