ミックスフットサルを始めるひと、楽しみたいひとのためのブログです

オフェンスのポイント~女性のタメて落とすを攻撃の起点に②

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

前回の記事「オフェンスのポイント~女性のタメて落とすを攻撃の起点に①」では、女性ピヴォに中央で起点になってもらうプレーについて説明しました。本記事では、中央ではなくサイドに流れて起点になってもらうプレーについて説明します。

サイドに流れて縦で受ける

後ろの3人でボールを回しながら女性ピヴォが縦に流れるタイミングを狙います。
女性は味方3人のサイドの選手にパスが入るタイミングで中央からサイドに流れ、縦パスを受けます。パスが来たら落ち着いて、足裏でトラップして、走り込んでくる味方に落としてシュートを打たせます。

↑サイドの味方にボールが入るタイミングで、女性はサイドに流れる。サイドでパスを受けた味方は、流れた女性に縦パスを入れる
※通常、相手は中央のピヴォ当てを警戒してディフェンスすることが多いため、タイミングを合わせれば、縦へのパスコースが空く

↑縦パスを入れた選手はそのまま女性に寄っていく(自分のマークを剥がす)。女性は味方が寄ってくるまでキープし、落としを受けた味方はそのままシュート

女性ピヴォのポイント

中央で受ける場合と同じく、低い位置でパスを受けると味方への落としがゴールから遠い距離になってしまう(直接シュートに行ける距離でなくなる)ため、あまり下がりすぎないように気を付けてください。
また、サイドに流れる場合は、予め相手ディフェンスの背後に入っておき、タイミングを計って流れると相手も反応しずらく、よりフリーで縦パスを受けられる状態を作れます。

サイドで起点となる攻撃の応用編

サイドで受けた女性が走り込んだ1人目の味方に落とすのではなく更にその後ろから走り込んできた味方に落としてシュートを打たせる戦術です。フットサルでは良く ”L(エル)” と呼ばれます。
走り込んだ1人目がそのままファーポストまで走り抜けることによって、2人目の落としのシュートに反応するファー詰めの選択肢が増えて得点の確立を上げることが出来ます。
女性は2人目が走り込むまでの時間をつくるために、足裏トラップしたらディフェンスに身体を預けて、落ちついて味方とのタイミングを合わせましょう。

女性ゴールだけじゃない!

ミックスフットサルにおいて、女性に求められる役割は様々です。女性ゴールのメリットにフォーカスされることが多いのは事実ですが、女性を起点としてゴールを奪う戦術もミックスフットサルならではだと思います。
また、プレーする女性自身もゴールを奪うことだけでなく、味方の得点に絡むといったプレーにも喜びを感じることができるきっかけとなるかもしれません。
ミックスフットサルの楽しさに目覚めた女性にこそ、背負って納めて落として味方にゴールを決めてもらう快感を味わって欲しいなと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年熊本県生まれ、鹿児島/鳥取県育ちのSEフットサラー。 サッカー歴7年、フットサルはエンジョイからスタートして12年~(内、ミックス7年、競技3年)。 2018年、自身の経験を生かしてFC.SqualoのYoshiと共に ミックスフットサルに特化した情報発信Blog「ミックスフットサルラーニング」を立ち上げ、フットサル初心者、上級者を問わず、ミックスフットサルを極限まで楽しむためのコンテンツを展開中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です